HOME>Topics>種類が豊富な現代の葬儀スタイル【人気の葬儀スタイルをチェック】

葬儀のスタイルにも様々な種類がある

最近の葬儀のスタイルとしては「一般葬」や「家族葬」、「自由葬」、「社葬・団体葬」など様々なスタイルがあります。

種類が豊富な現代の葬儀スタイル【人気の葬儀スタイルをチェック】

葬儀場

家族葬が人気を集めている理由

家族葬の定義としては「ごく親しい人だけで行う葬儀」のことです。家族葬が人気になっている理由としては、自由なスタイルで行えることと、比較的安価で葬儀が行えることです。

一般葬と家族葬は何が違うの?

少人数で行うのが家族葬

一般的に、家族葬は身内や友人など故人と近しい関係者だけで葬儀を執り行うものです。主に身内だけが参列するため、葬儀の内容を比較的自由に決められます。

葬儀の準備の時間を減らせるのが家族葬

一般葬の場合は、急な故人とのお別れで気持ちの整理がつかないまま、会場の準備や食事の手配などをしなければなりませんが、家族葬ではこれらの準備が軽減されます。また、葬儀にかかる費用も安くなります。

家族葬を行なう上で気をつけたいこと

家族葬は良いことばかりではありません。参列者が少ないため香典の総額が減り、葬儀費用が賄えないこともありますので注意が必要です。

葬儀会社に依頼する時の手続き手順

線香

葬儀の準備をする

葬儀に参列をお願いするリストを作るなど葬儀に関する準備を行います。家族葬の場合は、誰に参列してもらうかを家族でゆっくりと話し合う必要があります。

ご逝去・ご搬送

ご遺体の搬送を行います。もし、近所に不幸があったことを知られたくない場合には、自宅以外の場所にご遺体を安置するという方法もあります。搬送の際には寝台車とわからない車などの手配も可能です。

葬儀社と打ち合わせ

次に葬儀社との打ち合わせを行います。葬儀社には当日の参列する人の人数や会食の食事の数の確認などを行います。香典や供花を辞退する場合は、あらかじめ伝えておきましょう。

お通夜

お通夜は故人とゆっくり過ごせる最後の時間となります。故人の好きだった料理を用意したり、故人への思いをしたためがメッセージカードを作成したりなど、故人を偲ぶ時間となります。

告別式

告別式は故人とのお別れの時間となります。故人が好きだったものをお柩の中に入れることが可能ですが、金属は入れることができません。メガネや時計などお柩に入れられないものは骨壺に収めることが可能です。